>
赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金 

  

   


 

 赤い羽根共同募金のご案内

 赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後に始まり戦後復興の一助として、福祉施設を中心に資金支援

する活動としての機能を果たしてきました。現在は社会が大きく変化する中で、様々な地域福祉の課題解決に取り

組む、民間団体の支援や自分たちの町を良くするために使われ、住民主体の運動を進めています。

  運動は10月1日から、全国一斉に行われます。毎年1回、全国一斉に募金を行うため、厚生労働大臣の告示に

よって、募金期間が定められています。(12月1日からは歳末たすけあい募金も行われます。)

                                     

 

 赤い羽根共同募金運動の募金と助成の流れ

        

  

 募金の方法

  【戸別募金】

 

 町内全世帯を対象に、自治会長さんを通じて、協力をお願いしています。

 

 

  【職域募金】

 

 職場内での募金活動により従業員の皆様に協力をお願いしています。

 

 

  【学校募金】

     町内の小・中学校の生徒会を通じ、福祉教育を目的として協力をお願いしています。

 

  【法人(事業所)募金】

 

 共同募金委員会役員の訪問により町内外の企業、商店の皆様に協力をお願いしています。